このページからまとめてカートに入れることができます。
ご希望の個数を指定して「まとめてカートへ」ボタンをクリックしてください(※購入決定ではありませんので、数量は後で変更できます)。
表示切替: 並び順:
9件中1件~9件を表示

商品一覧

【有機豆乳炊き】自家製有機おからとじゃこ煮

¥518(税込)

情熱弁当で作る、石川県産有機大豆から作ったおからです。
鰹だしの代わりに有機豆乳が味のベース。
兵庫産じゃこも一緒に入れ、うま味をさらに凝縮しました。


購入数 パック

天日干しずいきと無添加豆腐のくずし煮

¥480(税込)

天日干しのずいきから丁寧に灰汁を抜いた後、胡麻油で炒めてから、濃口醤油、味醂、てん菜糖で味付け。味の辛みを良くするため、無添加の木綿豆腐を崩しながら一緒に煮ました。


購入数 パック


購入数 パック

【噛むとじんわり】天日干し切り干し大根とあらめのナムル風

¥464(税込)

太陽の光をいっぱい浴びた切り干し大根を、ナムル風に仕上げました。
あらめとは三重県・伊勢志摩特産の海藻で、昆布の仲間。本来は身の厚いしっかりしたものですが、細かく刻んでありますので、じんわりと出汁が染みやすいのが特徴です。
切り干し大根と刻んだ天然あらめを柔らかく戻し、りんご酢とてんさい糖であっさりと漬け込みました。
ナムル風の名のごとく、ごま油で風味づけ。香りが良く、ほどよいコクがあるので、酢の物嫌いの方でもすっと召し上がっていただけます。 【内容量100g】


購入数

伊勢のひじき煮 有機メープルシロップにて

¥464(税込)

歴史の古い薩摩節とたっぷりの北海道産昆布でとった出汁で炊き、ひじきの風味を感じられる一品に仕上げました。思わずご飯が進む、そんな情熱弁当のお惣菜を召し上がれ。


購入数 パック

玄米焼きビーフン 烏賊と野菜のカレー風

¥464(税込)

カレーがビーフンに爽やかな風味をプラス。そのスパイシーな香りが鼻先をくすぐり、食欲をそそります。 野菜は玉ねぎや人参、キャベツなど、季節の野菜を、彩りよくたっぷりとお入れいたしますよ!


購入数 パック

有機大豆と牛蒡、椎茸の煮物

¥432(税込)

持ち味をいかすべく、白砂糖などで過剰な甘みをつけず、あっさりと炊き上げました。上品な味わいの中からあふれる力強い食材の滋味は、はっと目の覚めるようなおいしさです。


購入数 パック

切り昆布と鶏の田舎煮

¥450(税込)

しゃきしゃきとした歯ごたえが魅力。最近では、韓国産や中国産の昆布も多く出回っていますが、やはり日本北部沿岸の昆布は味も濃く、出汁の味もよく含んでくれます。味付けは、鰹出汁をベースに無添加醤油と味醂を多めで、やや甘辛くしっとりと仕上げました。


購入数

切り干し大根と干しシジミの田舎煮

¥420(税込)

天日で干した大根は、さっぱりとした風味ながらも香り高く深い味わいをもち、シジミをはじめとした貝類との相性は抜群。太陽の光を浴びて旨みを増した割干し大根の戻し汁も、もちろん使用。土佐節をベースに、やさしい味の無添加醤油と、やわらかな甘みをもつてんさい糖で、まろやかな味わいを演出しています。


購入数

9件中1件~9件を表示

メールマガジン

スタッフブログ

「イクラってなぜ片仮名なの?」
「チーズ×枝豆、レバー×茗荷、これって相性いい?」
「お弁当に入れてもおいしい天ぷらの揚げ方は?」

などなど、思わず人に自慢したくなる「へぇ~!」な豆知識や、
すぐ実践できる料理のワンポイントアドバイスなど、知って得する情報が満載!

東京・虎ノ門の名門ホテルや銀座の料理店・鮨屋を経て、地元・名古屋へUターン。

2008年3月に国産食材の無添加宅配弁当『玄米と大自然の恵み 情熱弁当』を立ち上げた、情熱イケメン弁当屋・原田主税が熱く語ります!

下記にメールアドレスを入力し、登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

定休日カレンダー
  • 今日
  • 定休日

お惣菜はご注文を受けてから製造致します。よって4〜7営業日程度のお時間をいただきます。(ご注文量による)お急ぎの所、申し訳ありませんが、ご理解とご協力を頂けますと幸いです。

はじめまして!

原田主税(はらだちから)

昭和46年、愛知県名古屋市生まれ。私立東邦高校卒業後、日本料理の職人を目指して鞄一つで上京する。

虎ノ門・ホテルオークラ東京「山里」を駆け出しに、三重県涼仙ゴルフ倶楽部ホテルオークラレストラン立ち上げ等を経験。その後赤坂・銀座で料理店・鮨屋で修行。20代はあけてもくれても板前修行の日々で、どっぷりと東京で過ごす。

糖尿病を患う母の体調が悪化、医師から余命を宣告される。
東京で料理長を経験するも、 最期くらいは一緒に住もうと東京生活を中断、名古屋の実家に戻る。

名古屋では飲食店の経営を目指し、料理以外の勉強を開始。当時破竹の勢いだった名古屋市の外食チェーン「旗籠家」にて、接客技術、店舗マネジメント、スタッフ教育、オペレーション構築、新店立ち上げ、販促手法などをみっちりと学ぶ。
入社後1年で店長昇格後、その年にいきなり年間店長MVPに輝く。

ミステリーショッパー(覆面調査員)調査では、常に高得点をたたき出し、高い顧客満足度を維持。第一回居酒屋甲子園出場経験有り。

平社員からエリアマネージャーまで昇格するも、自身の考える飲食店の理想と外食チェーンの在り方のギャップに疑問を感じ、 退職。
2008年3月「玄米と大自然の恵み 情熱弁当」にて起業する。
好きな言葉は、「NO CHALLENGE NO SUCCESS」

店長日記はこちら >>

モバイルサイト

ページトップへ